dpMAXは映画「アリ地獄のような街」に協賛しています アリ地獄のような街

dpMAXでは、クリック募金をはじめ、NGO/NPOの支援活動を行っております。
今回上映される映画「アリ地獄のような街」は、バングラデシュでストリートチルドレンの保護・支援を行っている「NGOエクマットラ」が制作した作品です。
この映画を通して、一人でも多くの方にバングラデシュの子供たちの置かれている現状をお知りいただき、私たちにできることをはじめるきっかけとなっていただければ幸いです。

良くあるご質問

映画紹介

映画『アリ地獄のような街』は、アジア最貧国の一つバングラデシュでストリートチルドレンの支援活動を行うNGOエクマットラが4年がかりで制作し、バングラデシュの首都、大都市ダッカの闇を描いた映画です。ダッカで路上生活する子ども達の悲惨で辛い現実を伝えています。
なお、映画監督のシュボシシュ・ロイは、NGOエクマットラの代表です。

いくら子どもたちがチャンスをつかんでも、それを取り巻く環境、大人達が変わらなければその子どもたちの変化は十分に生かしきれないとエクマットラは考えています。バングラデシュにおいて、格差は経済的なものだけでなく、実は意識的な部分が大きく、今現在、多くのバングラデシュ国民は自国の問題を自分自身の問題として考えていないのが現実であり、そのためにこれまで活動紹介や国内諸問題を取り扱った映像をいくつか制作し、それを媒介として一般市民にバングラデシュに存在する問題は自国の、自分たちの問題という意識を持ってもらうべく活動を行ってきました。その集大成ともいえるのがこの「アリ地獄のような街」なのです。

なお、収益の一部は、ストリートチルドレンのための自立支援センター『エクマットラアカデミー』の建設費として役立てられます。


映画あらすじ

~バングラディッシュのストリートチルドレンの現実を描いた映画~
大都市ダッカの闇。子どもがアリ地獄に飲み込まれていくリアルストーリー。

農村での生活を捨て、生き延びるための僅かなお金を握りしめ、大都会ダッカへ足を踏み入れた少年ラジュ。そこでラジュはダッカの路上で暮らすストリートチルドレンなどと知り合っていき、彼らの元締めであるイアシンという男のもとに連れて行かれる。イアシンはダッカの暗闇を象徴するような男であり、子ども達を使って様々な違法な商売に関与している。ラジュも自分がしている悪事に気づかないまま、イアシンの手先になっていってしまう。一方、路上に捨てられた少女ククもイアシンの餌食となり、ダッカの闇の生活に落ちていってしまう。
この物語は、蟻地獄のように引き寄せられ、決して逃れることのできない、ダッカの現実の姿を描いた映画である。


NGOエクマットラについて

■エクマットラのご紹介■

エクマットラ

エクマットラとは、ベンガル語で「みんなが共有できる一本の線」という意味。
経済的、社会的格差がとても大きい国、バングラデシュ。その格差のあいだに架け橋をかけたいとの想いから、
エク(ひとつの)マットラ(皆が共有する線)と名づけました。

エクマットラは、青空教室やシェルターホームの運営などストリートチルドレンに対する支援と、映画制作等のメディアを通じた啓発活動、の2つを軸に活動を行うバングラデシュの民間活動団体です。2009年より映画「アリ地獄のような街」の上映キャンペーンを国内外で行い、2010年にストリートチルドレンの自立支援センター「エクマットラアカデミー」設立を目指しています。

■エクマットラ 渡辺大樹さんのご紹介■

エクマットラの渡辺大樹さんは、「社会の格差を縮め、温度差のない社会を作りたい」、「バングラデシュの子どもたちにチャンスを与えたい」と、大学卒業後、単身バングラデシュに渡り、2004年にエクマットラを共同創設。バングラデシュの問題はバングラデシュ人の手により解決するべきと考え、今は顧問として活動を指揮し、エクマットラアカデミー設立に向けて活動されています。

エクマットラオフィシャルサイトへ

映画概要

【作品名】アリ地獄のような街(バングラデシュでの題名:Je Shohor Chorabali)
【制作年】2009年8月20日
【制作国】バングラデシュ
【時間】79分
【監督】シュボシシュ・ロイ(エクマットラ代表)
【制作】エクマットラ
【配給・宣伝】ユナイテッドピープル株式会社
【特別協力】エイチ・アイ・エス
【協賛】デジカメプリントのdpMAX

アリ地獄のような街オフィシャルサイトへ